2023年11月10日、『日の丸コンテナ会社ONEはなぜ成功したのか?』編集者の黒沢正俊は長崎・出島にいた。「組織の閉塞感に悩む企業人必見のイベントがある」と聞き、取材に訪れたのだ。その名は「出島組織サミット」。他ならぬONEも「出島組織」なのだという。そもそも出島組織とは? 日本型組織の限界を打破する鍵とは? サミットの現場から伝えてもらおう。

2023年11月10日、長崎市の出島メッセ長崎で第2回出島組織サミットが開催された
2023年11月10日、長崎市の出島メッセ長崎で第2回出島組織サミットが開催された
[画像のクリックで拡大表示]

「はみ出し者」45組織が長崎・出島に集結

 「はみ出し者」集まれ──北は北海道大学オープンエデュケーションセンターから南はシンガポールのオーシャン・ネットワーク・エキスプレス(ONE)まで、企業の子会社・新規事業部門や自治体・大学の外部組織、地域活動や社会起業組織など45の組織が参加した第2回出島組織サミットが11月10日、長崎市の出島メッセ長崎で開催された。

 出島組織の概要については、日本郵船、商船三井、川崎汽船の邦船3社のコンテナ事業部門を統合して生まれたONEを描いた『』(幡野武彦、松田琢磨著、日経BP)に詳しい。出島組織の定義は、次の2点。

① 本体組織から何かしらの形ではみ出して
② 新しい価値を生む組織

 ONEは、東京から遠く離れたシンガポールに2017年に設立された出島的な新会社だ。本社や霞が関の監督官庁から物理的に離れることで、グローバルな市場を相手にしたスタートアップとして設計された。シンガポールの本社には19カ国のスタッフが勤務し、コロナ禍による世界的な物流の混乱によるコンテナ運賃高騰もあり、2021年度と2022年度の2年連続で2兆円の利益を稼ぎ出した。ONEは出島組織の華々しい成功例といえるだろう。

『日の丸コンテナ会社ONEはなぜ成功したのか?』(幡野武彦、松田琢磨著、日経BP)

 長崎・出島という江戸時代の対外交易の窓口だった場のイメージから生まれた日本オリジナルの経営概念「出島組織」の可能性について、第2回サミットに参加したユニークな出島組織の具体的な活動をいくつか紹介する。