ボタンを押せば二酸化炭素を回収して地球を冷やすから「ひやっしー」。脱炭素が叫ばれる中、世界最小の二酸化炭素回収マシン「ひやっしー」を発明した高校生としてメディアの注目を集めた村木風海氏。

その後は東京大学工学部化学生命工学科に進み、大学での研究と並行して「一般社団法人 炭素回収技術研究機構(CRRA:シーラ)」を設立。企業との共同研究を進めていたが、2023年3月には卒業目前に「満期退学」したことがメディアでも取り上げられて話題になった。

「僕が東大に入ったのは、あくまで二酸化炭素の研究のため。個人の予算では到底買えない機械類が最も充実していたから、という単純な理由です。4年生になって研究室に配属された当初は『ようやく本格的に学べるぞ!』と楽しかったのですが、朝から深夜まで週6で研究室に通いながら、研究員20名を擁するCRRAを経営することは時間的に不可能でした」

卒業まではあと半年となり、必要な単位はすでに取得済み。自身が打ち立てた温暖化までのロードマップでは「2030年までに世界中の二酸化炭素を半分にする」という目標を公言した。だが、大学の研究テーマは温暖化防止と直接的な関わりはない。ならば、「東大卒」の肩書きのためだけに、この半年間を無為にすべきではない。

「研究室で学べることは学び尽くしました。それなのにあと半年、二酸化炭素削減のための自分の研究を進めないなんて、これはもう地球に対する冒涜だろうと考え、9月からは大学に行くことをやめてCRRAでの研究にひたすら打ち込みました」

炭素回収技術研究機構代表を務める村木 風海氏(出所:炭素回収技術研究機構(CRRA))
一般社団法人 炭素回収技術研究機構代表を務める村木 風海氏
(出所:炭素回収技術研究機構(CRRA))

卒業ではないが、中退でもない。文部科学省の制度では大学に通算4年以上在籍し、所定の試験と面接を通過すれば学士号は取得できるからだ。こうして同期が東大卒という輝かしい肩書きを得た2023年3月31日、村木氏は「満期退学」を果たした。

「ノーベル化学賞を受賞した田中耕一先生も学士卒ですし、植物学者の牧野富太郎氏も小学校中退後に独学で研究を続けました。僕も肩書きに振り回されることなく、自分ができることを成し遂げたい」

4代目ひやっしーは海外へ展開

では、CRRAの研究はその後どのような展開を遂げているのか。空気中の二酸化炭素のうち60~80%を回収する家庭・オフィス用「ひやっしー」は改良を進めて現在は第4世代となっている。回収効率、静音性ともに向上し「図書室で稼働させても違和感がないレベル」にまでバージョンアップしたと村木氏は自負する。

「ひやっしー」の第4世代モデル(出所:炭素回収技術研究機構(CRRA))
「ひやっしー」の第4世代モデル
(出所:炭素回収技術研究機構(CRRA))

「ひやっしーは国内の普及がさらに進み、ヨーロッパや中東方面への輸出も決定しています。中東の某国王室からも直接注文をいただいているので、海外展開をさらに拡大させていくことが目標です」

「地球を守り、火星を拓く」をミッションとして掲げるCRRAの研究活動は2本の柱がある。地球温暖化を阻止するための研究と、人類火星移住のための研究だ。現在の主力は化学事業であり、回収した二酸化炭素を活用してエタノールを作り、軽油に代わる代替燃料を目指して製造したCO2由来エタノール「そらりん」の研究も継続している。

「ガソリンよりもエコなそらりんの普及が実現すれば、今の乗り物の形のままで燃料だけを入れ替えることでカーボンニュートラルを実現できます。2023年10月からはコスモエネルギーホールディングスとの共同検討も始めています。大学生の頃に立てた予定としては2023年中に『そらりんスタンド』を各都道府県に設置したかったのですが、当時はやはり経営にまだ不慣れだったため見通しが甘かった。時期を修正して2025年中の設置を目指して動いています」

「二酸化炭素から合成した燃料」で動く可能性を秘めた乗り物は自動車だけではない。「そらりん」開発の延長線上として海運・航空事業にも本格的に進出。航空事業では空飛ぶタクシーことスカイタクシー計画の名の下、2025年の初就航を目指して村木氏自らがパイロット資格取得を目指し、操縦訓練を行っている。

組織の規模が拡大を続ける中、成長を加速するために子会社の設立も現在検討中だ。近日中には東京本社の災害対策も兼ねて北海道に支社を設立する予定になっている。「2024年中にはアメリカかイギリスにも支社を設置したい」と村木氏は意気込む。